固定電話を導入する

スマホ

固定電話導入に必要なこと

現在はスマホの隆盛もあり、固定電話を使用する機会が減りました。しかし光通信の普及やFAXも使えて、何より電話料金の安さもあり見直されつつあります。この固定電話を導入するにあたり必要なのは電話本体もそうですが、電話加入権です。電話加入権とは電話会社から加入した電話を自宅に引くことが可能な権利のことです。電話加入権の費用は、電話会社の電話線の整備費用の一部に充てられてきましたが、インフラの整備も全国的に行き届いたので当初は72000円だったものが、平成17年から36000円に減額されました。電話加入権を購入する方法は幾つかあり、その選定ポイントを紹介しまず。一般的なのは電話会社から直接購入する方法です。電話加入権費用と契約料800円が必要です。メリットは登録した電話番号において電話会社の様々なサービスを受けられることです。また電話加入権は財産として認められているので、一旦購入すれば自分の子供に相続させることができ、子供が支払う電話加入権費用を削減できるメリットもあります。次に中古の電話加入権を専門業者から購入する方法です。費用は契約料の800円は同じですが、加入権は3000円前後が相場です。メリットは何と言っても費用の安さです。実績と歴史のある選定業者を選べば中古であるトラブルも回避できるでしょう。また電話会社ではライトプランという電話加入権購入なしで電話を引くことができる契約方法もありますが、この場合月々の基本料金が数百円余分にかかります。